エッセイ

                         

 

 山陽新聞の夕刊が昨年11月30日で休刊となり、それに伴いOEC会員による「夕刊エッセー」は

まことに残念ながら終了しました。
 

 第1回目は2008年4月17日、かがみりんさんの「天空の桜」、最終回は2020年11月19日の
藤原由紀子さん「まだ断捨離はしない」でした。

 実に12年の長きにわたって掲載された夕刊エッセーは会員の励みであり、楽しみでもありました。
 

 このコーナーでは、最後となった30の作品を順次アップしてまいりますので、ご一読ください。


  * 作者名とタイトルをクリックしてください。

 

山陽新聞夕刊 2020年 3月19日 友直茂子  「私の名前」
           
                      3月05日 吉井有紀恵 「こだわり」
           
                      2月20日 岡崎靖子  「夫の選択」

                      2月06日 鈴木 裕  「私のヒーロー」

                       1月16日 藤井孝子  「お出かけはカラフルに」

                       1月09日 相馬一徹  「色づくまで」

               2019年  12月19日 坂崎広典  「わが町の赤ひげ先生」
           
                        12月05日  神崎八重子 「膝と車検」

                                 

                                    11月21日  花川洋子 「必ず出てくる」


                       11月7日  祇園カズコ「ヒートリーさん」
           
                       10月17日  竹内李花 「おじいさんの古時計」

           

                                    10月 3日  石垣明美 「ゆっくりでいいんじゃ」
           
                       9月 19日  藤原由紀子「しの笛を吹く」  

          

                                    9月 5日  佐藤榮子 「花火の記憶」
           
                       8月 15日   藤田明子 「結果オーライ」  

           

                                    8月 1日  清川文香 「トマトハウス」

                

                                   

                                    7月18日 久本恵子 「たんすの引き出し」
           
                       7月11日 長谷川和美「物にはアドレスがある」
         
                       6月20日 江国千春 「わが器たち}

                      

                                    6月 6日 大森まさ子「ご近所さんぽ」
         
                       5月16日 高尾通興 「宝くじ」

                      

                                    5月 9日 斎藤恵子 「昔の友」   

 

            

                     

 

 

        

genkouyousi .jpg